ドライブレコーダー専門通販のアサヒリサーチ。あなたのカーライフをサポート。

ホームドラレコの役割

ドライブレコーダーの役割

ドライブレコーダーとは交通事故や危険な場面、トラブル時などを記録する装置です。
近年、種類も豊富になり一般の方で購入する方も増えてきていますので、ここでは ドライブレコーダーの役割についてご紹介致します。

ドライブレコーダーは自動車のフロントガラスなど適切な位置に取り付ける車載カメラで、前方や車内を映像にて残す事が出来ます。
運送会社やタクシー業界でも普及し始めていて注目されていますが、悲惨な事故が起きる度に普段乗る車にこそ装着する必要があると訴える声が高まっています。 

事故後の処理の迅速化

信号無視による交通事故を例に考えると、その場の状況、目撃者や運転者の証言などから正否の判断をつけるにはそれなりの時間を要します。しかし、ドライブレコーダーが自動車に取り付けられて記録が残っている事で、事故原因がすぐに判明し、事故後の処理の迅速化にも繋がります。 

事故防止への活用

ドライブレコーダーは事故後の処理や証拠映像の記録だけでなく、事故防止にも活用されています。運転に自信があるドライバーでも記録された映像を見て、事故に繋がる運転をしていた事を客観的に自己確認出来ます。また、運送会社やタクシー業界でも安全教育の一環として、事故の映像を利用し、安全運転への意識を高める役割もあります。

その他にも当社で販売しているドライブレコーダーは、事故関連だけではなく、高画質な映像による旅先での思い出の記録として動画を残す使い方も出来ます。 工夫次第で使い方の幅も広がるのです。他社で販売している製品と比較しても劣らない機能は、人気売れ筋ランキングやみんカラなどのレビューサイトなどでも高く評価して頂き、当社が自信を持っておすすめ出来る強みです。 通販でドライブレコーダーの購入をお考えでしたら、当社のドライブマンシリーズを是非お試し下さい。

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス